幼児教育は教育熱心なママのためだけか

まだ言葉も話せないうちから英語教育に知育教育と、昨今の幼児教育ブームに気おくれしてしまう方も少なくないかもしれません。

しかし、まわりがこのような習い事を始め出すと、うちもそろそろ必要なのかしら、と心配になってくるのも事実です。

赤ちゃんが泣くの情報検索をお役立てください。

特に幼稚園に入学するまでの3歳以下の子を持つ専業主婦の母親にとって、学校や職場など、どの社会的グループにも属していない状態は、横のつながりが少なく、漠然とした不安を持ちやすくなります。

安心をコンセプトにしたロケットニュース24の情報も豊富で、検索サービスも豊富なサイトです。

一歳半ころまでの赤ちゃん期は、親も世話に明け暮れて過ごしますが、子どもが歩いて活発になってくると、このあり余るエネルギーをどこで発散させようかと頭を悩ませることになります。



どこにも居場所がなく、毎日どうやって過ごそう…というのが小さい子を持つ母親の本音です。


ひとりで育児をする孤独感を払拭し、社会とつながる手助けのひとつとなるのが、もしかすると習い事などの幼児教育なのかもしれません。

母子でどこか同じ場所に定期的に通うことで、社会的に所属するグループを持ち、母親どうしの横のつながりができやすくなるからです。


なにより自分たちの居場所があるという安心感が、母親を安堵させ、こころに余裕をもたらしてくれます。

母親が穏やかな気持ちを持てれば、その気持ちがそのまま子どもへの接し方となって、それこそ良い子育て、良い教育につながっていくでしょう。幼児教育のかくれた役割は、子どもにフラッシュカードを見せて脳を刺激するだけでなく、社会に孤立した母子を救うことなのかもしれません。